無線工学617(1)

R5.2a-14

 次の記述は、地上系マイクロ波(SHF)多重通信の無線中継方式の一つである反射板を用いた無給電中継方式について述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。

1 見通し外の2地点が比較的近距離の場合に利用され、反射板を用いて電波を目的の方向へ送出する

2 中継による電力損失は、反射板の面積が大きいほど少ない。

3 反射板の面積が一定のとき、その利得は波長が長くなるほど大きくなる。

4 中継による電力損失は、電波の到来方向が反射板に直角に近いほど少ない。

解答

3  反射板の面積が一定のとき、その利得は波長が長くなるほど大きくなる。 小さくなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました