無線工学614

R6.2a-13(R6.2b-13)

 次の記述は、図に示すマイクロ波(SHF)通信における2周波中継方式の、一般的な送信及び受信の周波数配置について述べたものである。(   )内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。

(1)  中継所Ⅰが送信するf2と中継所Ⅱが受信するf7は、( A )周波数である。

(2)  中継所Ⅱが中継所Ⅰと中継所Ⅲに対して送信するf6とf3は、( B )周波数である。 (3)  中継所Ⅰが送信するf2が、( C )の受信波に干渉するオーバーリーチの可能性がある。

  A     B     C

1 異なる   同じ    中継所Ⅲ

2 異なる   同じ    中継所Ⅳ

3 異なる   異なる   中継所Ⅲ

4 同じ    異なる   中継所Ⅳ

5 同じ    同じ    中継所Ⅳ

解答

5 同じ    同じ    中継所Ⅳ

(1)  中継所Ⅰが送信するf2と中継所Ⅱが受信するf7は、( 同じ )周波数である。

(2)  中継所Ⅱが中継所Ⅰと中継所Ⅲに対して送信するf6とf3は、( 同じ )周波数である。

(3)  中継所Ⅰが送信するf2が、( 中継所Ⅳ )の受信波に干渉するオーバーリーチの可能性がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました