法規1623(1)

R3.2a-8

 一般通信方法における無線通信の原則に関する次の記述のうち、無線局運用規則(第10条)の規定に照らし、この規定に定めるところに適合しないものはどれか。下の1から4までのうちから一つ選べ。

1  無線通信は、試験電波を発射した後でなければ行ってはならない。

2  無線通信に使用する用語は、できる限り簡潔でなければならない。

3  無線通信を行うときは、自局の識別信号を付して、その出所を明らかにしなければならない。

4  無線通信は、正確に行うものとし、通信上の誤りを知ったときは、直ちに訂正しなければならない。

解答

1  無線通信は、試験電波を発射した後でなければ行ってはならない。 ←無線通信の原則に試験電波は出てこない。

正誤解説

無線通信の原則
必要のない無線通信は、これを行なってはならない。
2 無線通信に使用する用語は、できる限り簡潔でなければならない。
3 無線通信を行うときは、自局の識別信号を付して、その出所を明らかにしなければならない。
4 無線通信は、正確に行うものとし、通信上の誤りを知ったときは、直ちに訂正しなければならない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました